床矯正治療では、基本的に永久歯は抜かずに、顎を拡げて歯を並べます。(現在主流になっている矯正治療では、歯を抜いてスペースを作り、顎と歯のバランスを保ちます。)

治療には写真のような入れ歯にネジの付いた装置を使用します。このネジを回転させることにより少しずつ顎を拡げ、歯を正しい位置に移動します。床矯正では、使用する装置は簡単に取り外すことが出来ます。

よい歯並びをつくることは、よい顔をつくることにつながる

よい歯並びをつくることは、よい顔をつくることにつながる


床矯正について

床矯正のメリット

よくある質問

その他

このHPは、当院の資料と床矯正研究会の資料を基に制作しています。当院は床矯正研究会の会員です。床矯正研究会のHPはこちら